読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちまつのふあん

いちまつの不安 / いちまつのファン

2015年版・聴けてよかった曲

 やってまいりました。第二弾です。

第一弾の2014年版はMediumで書いてました。

こちらですね。

medium.com

 

今年はちょっとアツく語っちゃうかもしれないです。

コレについては後半にまとめることにします。

 

また、表記の方法を

  1. アーティスト
  2. アルバム(あるいはシングル盤)
  3. コメント 

といったかたちを取りたいと思います。

他に「こうしたほうが見やすい」とかあれば教えてほしい。

 

昨年通り、今回挙げていく曲は僕が2015年に聴いた曲なので、

数年前に発表されているものもあります。ご了承下さい。

 

CAPSULE

『WAVE RUNNER』より  

WAVE RUNNER(DELUXE EDITION)

WAVE RUNNER(DELUXE EDITION)

 

 

  • Dreamin' Boy
  • Unrequited Love

発売前に解禁されたこのトレーラーを見たときからずっと

一曲目(“Dreamin' Boy”)の『アーユーレーデー』が気になって気になって仕方がなかった。

 あとトレーラーにはなかったけど、“Unrequited Love”。

「片想い」って意味らしいですね。可愛い曲ですよね。

イントロの“キュッキュッキュキュッキュッキュ”みたいな音が好き。

 

 このアルバムの音作りがここ最近のCAPSULEのなかでもかなり好みだったので、

この路線でもう1枚アルバム作ってくれないかな〜。なんて思っていたら、

なんと!!Perfumeのほうで出してくれましたね!!

 

Perfume

『Relax In The City / Pick Me Up』より 

Relax In The City / Pick Me Up (初回盤)(DVD付)

Relax In The City / Pick Me Up (初回盤)(DVD付)

 

 

  • Pick Me Up

 これはめちゃめちゃ興奮した覚えがある。

「願いが叶ったぞ!!うおぉぉおおお!!」と。

これもキュッキュッキュ言ってて最高だな。

MVがフリーゲームの『Ib』の世界観を彷彿とさせるような。

作ったのは林檎ちゃんの旦那さん(児玉裕一氏)なんだよね。

 このCDは両A面で、もう一曲のA面曲、“Relax In The City”という曲もあるんだけど、こちらはあまり聴かないですね。

カップリング曲の“透明人間”は好きなんだけどなー。

 

ミドリ

『swing』より 

swing

swing

 

 

  • 朽ちては果てぬ
  • あかん!!

 挙げた曲はどちらもシングルのカップリング曲ですね。

“朽ちては果てぬ”って曲名がもう厨二心をくすぐりますよね。

“あかん!!”もそうだけど、好きな頃のミドリの音だ。

ロックみたいなパンク(?)みたいな音。

 

2009年の曲なんだ……。

 

女王蜂

『奇麗』より

奇麗

奇麗

 

 

  • ワンダーキス

 アルバムの中でこの曲が1番好きで、1番聴いてる。

ギターのリフって言うんですかね?

チャカチャッチャカチャッチャカチャッ

っていうのが好き。

 ずっと歌詞中に出てくる『尻から沸点守るよりも〜』ってなんだろう。

と思って調べてみたら『シニカルぶって守るよりも〜』だった。

 

 同アルバム収録の“ヴィーナス”や“折り鶴”、“売春”なんかも好き。

にわかっぽい選曲だ。

“折り鶴”好きな人は“告げ口”のようなストーリー性のある曲が好きなんだろうな。

 

木村カエラ

『+1』より

+1

+1

 
  •  Yellow

 まさかのノミネート。いや、選んでるのは俺なんだけど。

この曲何かタイアップついてなかったっけ?

TSUTAYA DISCASでレンタルしたいものがなかったときに借りたら当たりだった。

かっこいいね。

カエラさんの曲で1番好きかも。

今までは“A winter fairy is melting a snowman”が暫定1位だった。

ああいうボコーダーをボッコボコにかけた曲好きなんですよ。

“Yellow”は声に目立った加工はされてないけど、好き。

 

MAX

『#SELFIE 〜 ONNA Now 〜』より 

#SELFIE ? ONNA Now ?

#SELFIE ? ONNA Now ?

 
  •  #SELFIE 〜 ONNA Now 〜

MAX!!!

なんかよく分からんカバーばかりしてるな!!(ごめんなさい)

このオンナナウもこちらのカバー。

youtu.be

この曲に日本詞を付け、MAXのためにサウンドメイク(?)したのが、あのヒャダイン

そしてヒャダインの手によって爆誕したMAX版“#SELFIE”がこちら。

youtu.be

 

…ウ…オン……ナウ……

ナウナウ…オンナナウ…!!

ナウナウ オンナナウ!

これゲイ界隈でもめっちゃ話題になったよね?

三度の飯よりオンナナウって感じだったもん。うそ。

こういうのなんていうんだろう。

アゲアゲチューン?

ブリブリ音好きな人は好き。

 

印象派

 今年知ったアーティスト。

ドハマリした。このバンドと次に紹介するCharisma.comはそれぞれ記事書こうとしたのにうやむやになったので、この記事で。

 

『AQ』より

AQ

AQ

 

 

  • 綺麗
  • Miss Flashback
  • クリームソーダシティ

 LINEミュージックで知ったアーティスト、印象派

配信されていたこのアルバムを聴いて惹かれてしまった。

“綺麗”は実在する整形美女の話を唄った曲。

『綺麗綺麗になりたいわ 赤や黄、紫を塗って』

お化粧は女性の特権よね。

『真贋倫理観も闇のなか 誹謗中傷ハナウタに変えて』

と、軽く受け流す感じもクールで好き。

 

 “Miss Flashback”はシンセの音が耳に残る曲。

サビのギターも好き。

 身の周りのゲイは椎名林檎が好きな人が多いんだけど、こういう↓の見るとグッと興味湧くんじゃないか。俺は気になって仕方なくなった。

印象派ニューアルバム発売決定、椎名林檎「本能」リメイク的MV公開 - 音楽ナタリー

“夢は夜ひらく” ……。

 

 “クリームソーダシティ”は曲名から可愛い。

『君の背中まで13歩 早くも息が出来ない』

なんだか甘酸っぱい歌詞。

制服姿の男女が浮かんだ。

そんな好きな人の背中を追うJKにアタシもなりたいワ。

  

『Nietzsche』より

Nietzsche

Nietzsche

 

 

  • SWAP

 アルバムタイトル、『ニーチェ』って読むらしいですね。読めねえよ。

 この曲は相互フォローの方から教えてもらった曲。

“SWAP”って聞くと“スワッピング”が浮かんできますね。

で、その予想通り、ちょっとエッチな歌詞ですよね。

僕はエッチなこと好きなのでとても惹かれました。

そのエッチさは、直接的ではないけど分かりやすい。

歌詞の意味を汲み取るのが苦手な僕でも分かりやすかった。

 ゆったりしたリズムとフワフワしたmiuさんの声に、

micaさんの低めの声の塩梅が良いですよね。

 “Volcanic Surfer”や“HEAT BEAT”なんかも好きです。

 

『(not) NUCLEAR LOVE (or affection)』より

(not)NUCLEAR LOVE(or affection)

(not)NUCLEAR LOVE(or affection)

 

 

  • BEAM!
  • アフレル
  • ライ!ライ!ライ!
  •  MABATAKIしないDOLLのような私

 このアルバムもなんて読むんだよ!!と逆切れ状態で調べてみたら、

これで『かくれんぼ』と読むらしい。ひぇー!!!

英語が分かる人はなんとなく予想がつくのかな。僕全然でした。

 

 アルバムの一曲目、“BEAM!”。

この曲を初めて聴いたとき、なんだかチグハグな印象を受けた。

AメロからBメロ、Bメロからサビへの繋ぎを聴いたあたりで別な曲どうしをひっつけたんじゃないかと思った。実際は知らないが。

そんな違和感を楽しみ、聴き続けていたらいつの間にか好きになっていた、そんな曲。

 

 “アフレル”。

『アワアワアワアワ アッアッアッアッアフレル』といったサビが印象的。

歌詞について言及していきたいけど、このアルバムは歌詞検索サイトに登録されてないんだよ。

僕もレンタルして聴いている人間なので歌詞が手元にないから下手なこと言えない。

よく『不穏な社会の確信を終末感たっぷりに彩る』と紹介されている。どんなだ。

 

“ライ!ライ!ライ!”は、サビがとってもクールだ。

micaさんの魅力たっぷり。

AメロBメロあたりはmiuさんが控えめに歌っていて、サビが際立っている。

 

“MABATAKIしないDOLLのような私”

この曲はANATAKIKOUという方が歌詞を提供しているらしい。

独特な歌詞だと思う。

作曲は印象派だと思われるけど、いかにも印象派っぽいユルさで好きなんだ。

もし作曲もANATAKIKOUだったらめっちゃ恥ずかしいな。

印象派の曲の中で1番好き。

 

このアルバムのとあるインタビューを見てから少女時代も聴き始めた。

読み応えのあるインタビュー記事でした。

 

Charisma.com

『OLest』より

OLest

OLest

 
  • お局ロック
  • やれよ。
  • こんがらガール
  • 超絶に胸が痛んでいるあなたの上司

 Charisma.com(以下CC)は印象派を知り、もっと知ろうと検索をかけていたときに知った。

こちらの記事がきっかけである。

realsound.jp

 

 このアルバムは初めて聴いたCCのアルバムである。

 “やれよ。”はこんな歌詞(サビ)から始まる。

頭がもげる 私がパンク。でもやるしかないでしょWhat'you gonna do?

頭が焦げる 鼻から牛乳。笑かしてる場合かWhat'you gonna do?

だらだらこなす あわよくば隠す。じゃあさっさとやめれば?What'you gonna do?

穴だらけのチャンス あなたのチャンス。ほらやるしかないでしょWhat'you gonna do?

 『鼻から牛乳』って懐かしいな、笑ってしまった。

『頭がもげる 私がパンク。 でもやるしかないでしょ』って働いていると必ず直面するよね。 

おちゃらけた(?)曲調でありながらも納得出来る歌詞。

 

 “お局ロック”はイントロのゲインゲインした音がカッコイイね。

 

 “こんがらガール”はCCの曲の中でも1番ポップじゃないか。

1番好きな曲だ。

いや……“イイナヅケブルー”も捨てがたいな……。

 

 “超絶に胸が痛んでいるあなたの上司”はなんていうんだろう、こういうイントロの曲調。

ファンク?ソウル?

こういうギターのチャカチャカした曲好きなんだ。

 ウザい上司の事を語っているようで、意外としっかりフォローをしてくれていたという事を知るという、ほっこりする(?)歌詞の曲。

 

 このアルバムでは他にも“マメマメBOYがさつGIRL”なんかも好き。 

 

  なんだか、CCの曲はラップ調で社会を斬るといったコンセプトの曲が多いので、

僕の少ない語彙じゃそれぞれの曲を適切に表現出来そうにないんだよ。かぶりそうになってしまう。

 

『DIStopping』より 

DIStopping

DIStopping

 

 

CCを知ってから、Twitterでオススメの曲を訊いたら

とある当時の相互フォローの方が勧めてくれた曲の一つ、“イイナヅケブルー”。

(この方はアカウントを消してしまったんだけど、確か他にも“ハッピーターン”や前出の“お局ロック”、次に紹介するアルバムから“メンヘラブス”、“HATE”を勧めてくれた……はず。)

 ドゥンドゥクヅクヅクブリンブリン♪というような(?)バックの音がいいよね。

CCの曲でもキャッチーな曲じゃないかな。

 

 このアルバムを聴いたタイミングが電車通学を始めた時期と同じだったので

“Train HELL”は、(あー、いるな、こういう人。)なんて思いながら電車内で聴いていた。

 

『アイ アイ シンドローム』より

アイ アイ シンドローム

アイ アイ シンドローム

 
  •  HATE

 このアルバムは結構キツいこと言っている。少し苦手だ。

 でも、この“HATE”という曲は好きだ。

2番の歌詞が19歳あたりの自分に当てはまる部分もあり、グサッときた。

 サウンド面では、小さい頃に遊んでいたおもちゃみたいな音がして、そこが好き。

これも2番のサビあたりになるんだけど、パイプを傾けるとプイ〜ンみたいに鳴るおもちゃなかった?あったでしょ?

名前が分からないけど、そんな音がする。

好き。

 

少女時代

『GIRL'S GENERATION』より 

GIRLS' GENERATION(通常盤)

GIRLS' GENERATION(通常盤)

 
  • you-aholic 
  • THE GREAT ESCAPE

印象派のところで少し触れましたね。

インタビュー中に出てきた“THE GREAT ESCAPE”が聴きたかったので、レンタルしたの。

このアルバムはK-POPが流行ったときに出てたアルバムなんだね。

聴き覚えのある曲が多く収録されていた。

 実は、このアルバムを聞くだいぶ前に一度『MR.TAXI / Run Devil Run』のシングルを購入していた。

理由は“Run Devil Run”のデモ(だと思われる)を愛おしいKESHAちゃんが唄っている動画を発見したから。

興味を持つきっかけは印象派より先に、KESHAちゃんから受けたのもあるからすんなり受け入れられたのかも。

 “you-aholic”は音が好き。雑な説明になってしまった。

 

 少女時代に限らずK-POPの日本詞は違和感が毎回付き纏うな。

みんなが知っているような韓流アイドル(グループ)はグローバルな活躍をしている……のであろう。

母国語である韓国語、英語、そして日本語と様々な言語で同じ曲を歌っているため、

なんだか音に合わせるためか歌詞が変なんだよ。

ポップな曲に堅苦しい言葉をぶち込んでくる。

例えば上記の“THE GREAT ESCAPE”で挙げるとこういうところである。

反証する可能性を肯定して

 他にも サビの

兆候ですら見逃さずにこなす The great escape  

『兆候ですら見逃さずにこなす』……。 

なんだか難しいな。

 これは勝手に僕自身が外国人に対する暗示をかけているのかもしれない。一種の差別になるんだろうか。

韓国のアイドルが母国ではない言葉をキチンの使いこなしていることに違和感を感じているんだ。

なんか理想論かもしれないけど、ちょっと拙かったり、簡単な言葉選びだとしっくりきたんだろうな。

 

amazarashi

『スピードと摩擦』より

スピードと摩擦

スピードと摩擦

 

 

  • スピードと摩擦 

 イントロが良い。

これは曲より先にMVの存在を知った作品。

便所で踊り狂う女子校生というもの。

もう見てくれ。ホラーのようだ。

youtu.be

サムネからグッとくる。

ジャパニーズホラーって感じだ。

こういう雰囲気好きなんだ。

 

しかし、なぜこうも俺の好きなアーティストたちは便所でMVを撮りたがるんだろうか。俺も便所でMV撮りたい。

 

Teddyloid

『SILENT PLANET』より

SILENT PLANET 【初回限定盤】

SILENT PLANET 【初回限定盤】

 

 

  • Game Changers
  • Secret
  • Last Teddy Boy
  • はじらい Like A Girl

 このアルバムは12曲全てゲストを招いている。

しかもゲストは超豪華。

もう全員説明すると果てしなく長くなりそうなので、好きな曲のだけ。

 アルバムの一曲目。

CAPSULE中田ヤスタカとの共作。

僕はヤスタカサウンドが大好きなので、Teddyくんのアルバムに参加すると知った時はかなり興奮した。

効いてますね、ヤスタカ節。

それこそ『WAVE RUNNER』に収録されてそうな音作りですよ。

特に0:45〜の音はそんな感じじゃないですか。

最高……。

 

 どうして俺は『秘密系』の楽曲に惹かれるんだろうか。

東京事変の“秘密”、Perfumeの“シークレットシークレット”、ALI PROJECTの“ディレッタントの秘やかな愉しみ”……。

そしてこの“Secret”である。

とても可愛らしく、Teddyくんらしいキラキラした音だ。

また、歌詞から伺える女の子の本音みたいなのが微笑ましい。(歌詞はTeddyくんではない。)

このアルバムで1番好きな曲。

ボーカルはShiggy Jrの池田智子氏。

 

 “Last Teddy Boy”はギターがカッコイイ曲。

GLAYのギタリスト、HISASHI氏が参加してる。道理で。

また、ボーカルにフィルターがかかっていてそこも素敵。

 

 “はじらいLike A Girl”はドレスコーズの志磨遼平氏が参加している。

初めて志磨氏の歌声を聴いたんですが、独特な唄い方する人ですね。 好き。

曲とは関係ないんですけど、公式サイトのプロフィール欄に表示される写真に写る彼の腋毛、えっちすぎじゃないですかね?ドキドキしちゃった……。

 


 

 ……はい。

以上で半分ほど書き終えました。

7000字超えてしまったぞ。8000字が近い。

 Twitterで僕をフォローしている方は薄々感づいているかもしれないけど、

あんなにウザいくらいツイートしているあのグループの名前がまだ出ていないよね。

冒頭に『アツく語るかも、それについては後半にまとめるネ。』と書いたものの、

予想以上にひとつひとつを長く書いてきたため、未だにそのグループにたどり着けていない。

 しかし、これ以上一気に書き続けていく気力もないので、それはまた今度個別の記事で。

 

 みなさんは去年聴けてよかった曲はあるだろうか?

振り返ってみると新しい発見があるかもね!