いちまつのふあん

いちまつの不安 / いちまつのファン

『ヘルタースケルター』は沢尻エリカの乳首を鑑賞するための映画

ヘルタースケルター』を観ました。
 
のっけから乳首丸出しの沢尻エリカ。びっくりした。驚くぐらい興奮できない。   そりゃ、僕がゲイだってのもあるんだろうけど、完璧すぎるんだと思った。人の裸を見る機会があるときって小さなアラ探しをすると思うんだけど(しないですか?)、沢尻エリカの裸体にはアラがなかった。まるで裸のマネキンを見ているようだった。まぁ、映画に出るんだから沢尻さんも努力したり、何かしらの編集もあるんだろうけど。

監督は蜷川実花さんなのね。 随所に見られる赤と緑のギラギラした組み合わせにも納得だ。 どこを切り取ってもいい写真になりそうなんだけど、 映画としてはなんだかなーって感じだった。

この『ヘルタースケルター』の原作は読んだことがないけど、 なんとなく楳図かずお先生の作品を思い出した。 『おそれ』や『洗礼』という整形にまつわる話だ。 もしかしたら影響受けてるのかな。ないか。

あと、気になったのが、驚くぐらい出演者の声が聞こえづらく感じた。 これは俺の耳に問題があるのか、収録されてる音が小さいのかどっちなのか。


以上が『ヘルタースケルター』を観た感想でした。